No results found

Check the spelling or try searching for a more general term.

低い浸潤性、高い効果

iTrackTM手術システムが使用できるため、ABiC™とCanaloplastyはきわめて容易です。各治療段階はすべて理知的に設計して慎重に検査します。iTrackTM手術システムはiTrack™マイクロカテーテル、ViscoInjector™粘弾性注射器、およびiLumin™照射光源を備えています。

Related treatments

Related conditions

Related products

Main Image Landing Itrack
管手術の次の手順
管手術の次の手順

独自の照明

先端に商標権を有する独自の照明を備えているため、すべての手順でiTrack™マイクロカテーテルの進行をモニタリングすることができます。iTrackの先端は滑らかで外傷性もないため挿入がより容易になり、カテーテルが集合チャネル孔を開口しないよう方向精度を最大化します。

iTrack™内の内部ガイドワイヤーは、先端が前進する際、優れた触覚フィードバックを行い、管が詰まっているか、粒状であるか、または完全に開口しているかについての重要な洞察を提供します。

正確なviscodilation

触知用および可聴用ノブを用いてiTrack™マイクロカテーテルに付属しているViscoInjector™を手動で操作することで、正確に測定した1回分の粘弾性アリコートを放出します。

シュレム管からiTrack™を回収する際に粘弾性物質を輸送することで、iTrack™マイクロカテーテルが機械的に開口するのを補完するという重要な追加機能を備えています。これにより、線維柱帯の圧縮された組織面を分離し、すべてのヘルニア化された内壁組織を集合チャネルから引き抜きます。

ABiC™を用いた回復アプローチ

ABiC™は、ステントまたはシャントを残さず、また組織を損傷せずに自然流出経路を洗浄する包括的で侵襲性が最小化された緑内障手術法です。ABiC™は、眼の自然流出排液システムを再構築するよう設計されており、線維柱帯、シュレム管、および遠位流出システムにアクセス、カテーテル挿入、およびviscodilationすることで有効性を最大化し、組織外傷を最小化します。概して、iTrack™手術システムでABiC™を用いた場合、平均IOPを30%低下し薬物依存を50%低下することができます。 1

    Canaloplastyは低リスクで不快感が少ない

    臨床試験では、iTrack™手術システムにより実施したCanaloplastyで、線維柱帯切除術のリスクおよび不快感を伴うことなくIOPが有意に永続的に低下することが示されています。2 これは、疾患の早期に治療が行われるということを示しています。

    さらに、Canaloplastyは濾過ブレブを形成しないため、患者は必要最低限のフォローアップ直後に日常生活活動を再開できます。

    1. 228-eye ABiC 12-Month Case Series Data, presented at ASCRS 2016. 非公開情報。Ellex Medical.

    2.. Lewis RA, von Wolff K, Tetz M, et al.Canaloplasty:開腹隅角緑内障の治療にマイクロカテーテルを用いた円周viscodilationとシュレム管の3年間の結果。J Cataract Refract.Surg.2011(37):682-690.

    管の健康状態および開存性についてリアルタイムの触覚フィードバックを受けられることで、マイクロ鉗子を用いたiTrackカテーテルの通行を必要とするABiCを使用できるようになります。iTrackは、このフィードバックを提供します。また、小さなゲージのサポートワイヤーを備えており、狭い管内をバイパスするのに十分な強度を示します。これとviscodilationの焦点を用いることで、癒着や他の管に異常があってもiTrackを通過させることができます。
    Gallardo

    iTrack™マイクロカテーテル

    照明付き線維の先端は、脈絡膜上排液システムまたは集合チャネル孔へ迷入することを防止し、連続位置フィードバックを提供します。



    内部ガイドワイヤーを使用すると、ヘルニアを突き抜け、人工経路を作るリスクを伴わずに、管の狭い部位または構造を通り抜けることができます。



    ViscoInjector™粘弾性注射

    洗練された注射器は、正確な用量の粘弾性線量をバルーンに放出して、管と集合チャネル孔を開口します。


    Contact us

    This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website.
    The cookies do not store any personalised information. Learn More