YAGレーザー手順のための濃縮液

老眼IOLを挿入するために嚢切開術を実施しようとしている場合も老眼IOL挿入前に末梢虹彩切開術を実施する場合も、使用する治療機器は、毎日、最良の結果を出さなければなりません。Ultra Q™は、目標を確実に達成するためにエレックス社が開発しました。

Related treatments

Related products

Main Image Landing Ultra Q
完全性 - 正確性
完全性 - 正確性

独自の有効性

業界で最も効率的で最速のマイクロ手術用YAGレーザー、Ultra Qの独自のキャビティ設計とカスタム電源の供給により、低出力でより効率的なパワーレベルで、また、より一貫したショット間で嚢切開術と虹彩切開術を行うことができます。

IOL-良好な光破壊

Ultra Q™は、ウルトラガウシアンビームプロファイルを備えており、より高いエネルギー密度をビームプロファイルの中心に集束させることで、嚢切開術と虹彩切開術を効果的に実施するために必要なエネルギーが軽減され、点状傷のリスクを大幅に低下することができるようになります。

老眼IOLのための嚢切開術

Ultra Qは精密で超低エネルギーで光破壊することができるため、嚢の張力や視軸のIOLの位置に影響を与えないことから、完全に集中して精密に嚢切開術を実施することができます。正確性が高まることで、隆起がないためにカプセルが眼に付着したとしても、フリンジとタグを最小限に抑えレンズの損傷が防げます。

老眼IOL用の虹彩切開術

また、Ultra Q™により、屈折性IOLを挿入する前に瞳孔ブロックを防ぐために精密な虹彩切開術が実施できるようになります。鏡径は、透過した光を瞳孔に戻すことなくバランスのとれた水流を確保するのに十分な大きさでなければなりません。Ultra Qは効率が高く、他のYAGレーザーよりも低いエネルギーの1ショットでこの結果を達成することができます。

私達のクリニックには、合計5つのYAGレーザーがあります。私のお気に入りは、Ultra Qです。このレーザーを用いると、毎日の業務を速やかに、また有効的で正確に行うことができます。Ultra Qに焦点を当てた超高精度のエイミングビームシステムと超小型のジョイスティックにより、経験したことのないような高精度なレベルでマークを打つことができます。」
Lindstrom
エレックス社のUltra Qを末梢虹彩切開術に使用するようになって、我々のICLによる成功率は大幅に改善されました。このレーザーは、患者が他のレーザーで通常経験する痛みよりもきわめて痛みが少なく、安全かつ正確に虹彩組織を切除することができます。特に、暗い虹彩で作業する際に色素の分散が少ないことからも、私はUltra Qを選択します。」
Rabinowitz
Hotspots Ultra Q
連続可変の後方のオフセット(100〜350ミクロン)により、光破壊の位置を正確に決定し、すべての手順を柔軟に実施できるようになります。
Hotspots Ultra Q 2
業界最速の毎秒3ショットの照射速度により、素早く有効な治療が可能となります。

Contact us

Ultra Q™は、CE(Conformité Européenne)および米国食品医薬品局(FDA)(510k)を有します。嚢切開術、レーザー虹彩切開術、および後膜切除術の適応症で販売されています。

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website.
The cookies do not store any personalised information. Learn More

QUANTEL MEDICAL COMPLETES ACQUISITION OF ELLEX

Quantel Medical has completed its acquisition of Ellex, including the company’s laser and ultrasound technology solutions (with the exception of 2RT® and iTrack®), via the financial holding company Lumibird Medical.

The coming together of these two companies—both renowned in the field of ophthalmology—represents a real milestone in their history. Quantel Medical and Ellex have a shared heritage in the development of cutting-edge technologies for the diagnosis and treatment of the leading causes of blindness worldwide: glaucoma, cataracts, AMD and diabetic retinopathy.