No results found

Check the spelling or try searching for a more general term.

超音波

超音波

きわめて重要な診断ツール

超音波検査は、独自のイメージング機能を有するため、今後も眼科できわめて重要な診断ツールであり続けます。超音波診断は、眼中に濃縮性白内障または硝子体出血がある場合に、後眼部を最適に見ることができる唯一の方法です。

Related products

Ultrasound

正確な診断のための重要な基盤

超音波検査は、独自のイメージング機能を有するため、今後も眼科できわめて重要な診断ツールであり続けます。超音波診断は、眼中に濃縮性白内障または硝子体出血がある場合に、後眼部を最適に見ることができる唯一の方法です。

この技術は比較的複雑であり、スキャン画像を効果的に解釈するためのトレーニングに多大な専念を必要としますが、この技術は依然として広範囲の眼科病理にわたり正確な診断方法となっています。 

高解像度の超音波では、低解像度の超音波システムでは見えない重要な構造を視覚化することができます。より鮮明で明確なイメージング、およびより良い精度を得るためには、高解像度が不可欠です。

よりよく見る、よりよく検出する

さらに、B-Scan超音波は、不透明な眼球の媒体における後部硝子体剥離(PVD)のような障害を検出することができます。さらに、ビデオキャプチャ機能を追加することで、先進的な超音波システムを使用して眼の構造をより明確に判断することができ、患者が自分の状態をよりよく理解できるという利点も備わっています。

A history of innovation

エレックス社は、2006年にサクラメントを本拠地とする、眼科用超音波パイオニアであるInnovative Imaging社を買収して以来、Eye Cubed™超音波技術プラットフォームの性能とアプリケーションの開発に注力してきました。そして、当社は臨床的超音波を適用するトレーニングを行うためにエコグラファーの専門家を派遣し続けていきます。


診断Aスキャンから高周波Bスキャンまで、エレックス社の超音波ソリューションは、後眼部および前眼部セグメントの両方の超音波ニーズを満たす包括的な機能を備えています。

エレックス社の超音波技術は、高度なムービーモード技術、リアルタイムの画像キャプチャ、広範囲な測定と注釈ツール、報告機能、直感的で使いやすいソフトウェアなどの機能を備え、求められているすべての治療を可能にします。

「リアルタイムイメージングは、Bスキャン超音波検査ではきわめて重要で、致命的です。硝子体網膜の外科医として、私は、特に網膜牽引または涙に関する問題がある場合、形成された硝子体の位置と状態を確実に理解することにより、時間経過および/または手術計画の変化を観察しているため、すべての検査でリアルタイムイメージングを使用します。リアルタイムで動きがなければ、硝子体状態はほとんど確認できません。」
Fisher

Contact us

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website.
The cookies do not store any personalised information. Learn More